階層化する社会意識 : 職業とパーソナリティの計量社会学

吉川徹 編著

その「上下」の階層序列に潜む、現代社会の成立メカニズムの本質を見極める。世界的に知られるメルヴィン・コーンらの調査プロジェクトから導出された社会意識論を再考する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 格差・階層・意識論
  • 第2章 職業とパーソナリティ研究とは何か
  • 第3章 産業社会におけるパーソナリティ形成
  • 第4章 仕事が人間に影響し、人間が仕事に影響する
  • 第5章 国際比較調査による職業とパーソナリティ研究の展開-1970年代のアメリカ・ポーランド・日本調査から
  • 第6章 日本における仕事と人間の間の相互作用
  • 第7章 女性の仕事(職業・家事)とパーソナリティ
  • 第8章 残された課題と今後の展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 階層化する社会意識 : 職業とパーソナリティの計量社会学
著作者等 吉川 徹
書名ヨミ カイソウカスル シャカイ イシキ : ショクギョウ ト パーソナリティ ノ ケイリョウ シャカイガク
出版元 勁草書房
刊行年月 2007.11
ページ数 210p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-326-60205-6
NCID BA84006284
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21351483
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想