国家は、いらない

蔵研也 著

政治的な介入によって「格差」は解消できない。弱者保護は民主主義の政治過程のなかで、実質的に骨抜きにされるからだ。いまや福祉政策は、弱者保護というその目的から完全に挫折している。国に任せておけば大丈夫だと思ったら大間違い。国家は官僚たちの喰い物にされる宿命にある。何かおかしい、理不尽だと感じることの裏には、国家による介入、政策があることがほとんどだ。「リバタリアニズム」のエバンジェリストを自任する著者が、自由のもたらす価値を最大限に認めることでしか諸問題は解決していかないことを説く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 国に任せておいて首を絞められるのは国民自身だ
  • 第2章 既得権の保護によって公共料金は高どまりしている
  • 第3章 日本の地価はなぜ異常に高くなったのか
  • 第4章 農産物保護は本当に必要なのか
  • 第5章 日本の税制は公平ではなく累進性もない
  • 第6章 金融商品を元に国家介入の無意味さを考える
  • 第7章 電波はそもそも競売されていないのがヘンだ
  • 第8章 知的所有権という既得権側の牙城を突き崩せ
  • 第9章 医療を国家が統制する必要などない
  • 第10章 真の公益性を実現させるのは誰なのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国家は、いらない
著作者等 蔵 研也
書名ヨミ コッカ ワ イラナイ
書名別名 No need for the state
シリーズ名 Yosensha paperbacks 33
出版元 洋泉社
刊行年月 2007.12
ページ数 247p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-86248-208-2
NCID BA83986256
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21343932
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想