天使の病理

坂田三允 著

生かされてあることの自覚と、「あきらめ」と、「よい加減」さを忘れた、現代の病理を記録する。リアルな大地を回復するために。正常と異常の境の、あまりに天使的な関係の障害。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 人格障害って何?(新人類の登場
  • よい子症候群? ほか)
  • 第2章 医学的に見ると(境界例という概念
  • 診断基準 ほか)
  • 第3章 漂流の季節と出会いと(漂っていた一年
  • あなたのような若い方が ほか)
  • 第4章 関係がつくれない(見捨てられることを避けようとする、なりふりかまわない努力
  • 同一性が持続しない ほか)
  • 終章 ドラえもんになれ!

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天使の病理
著作者等 坂田 三允
書名ヨミ テンシ ノ ビョウリ : ジンカク ショウガイ ワ ジダイ ノ ヤマイ カ
書名別名 人格障害は時代の病か
シリーズ名 双書時代のカルテ
出版元 岩波書店
刊行年月 2007.11
ページ数 109p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-028092-1
NCID BA83952094
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21342366
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想