演劇論の変貌 : 今日の演劇をどうとらえるか

毛利三彌 編

世界を代表する演劇研究者たちが演劇の過去、現在、そして未来へと続く展望を集中的に論じた評論集の刊行。演劇研究の最前線が集約される。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 演劇論の変貌-二十世紀から二十一世紀に向けて
  • 1 演劇研究の新しい状況
  • 3 センス(意味)とセンセイション(感覚)-演劇の記号論的次元とパフォーマティヴな次元の相互作用
  • 3 文化から越境文化へ-インターカルチュラリズム(異文化接触主義)は、いまだ可能か?
  • 4 学問分野の推移-ここ数年のパフォーマンス・スタディーズ
  • 5 舞台を代替する-演劇とニューメディア
  • 6 演劇研究における実践の位置付けの転換
  • 7 テクストとミザンセーヌ-古典的構造を持つ上演形態としてのドラマ
  • 8 演劇的イヴェントの拡大概念-ダブリンにおけるブルームズデイ百年記念のイヴェント性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 演劇論の変貌 : 今日の演劇をどうとらえるか
著作者等 Balme, Christopher
Carlson, Marvin A.
Fischer-Lichte, Erika
Féral, Josette
Reinelt, Janelle G.
Whitton, David
小菅 隼人
山下 純照
岸田 真
平井 正子
斎藤 偕子
毛利 三弥
永田 靖
萩原 健
Sauter Willmar
井上 優
毛利 三彌
書名ヨミ エンゲキロン ノ ヘンボウ : コンニチ ノ エンゲキ オ ドウ トラエルカ
書名別名 Engekiron no henbo
シリーズ名 叢書「演劇論の現在」
出版元 論創社
刊行年月 2007.11
ページ数 284p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8460-0630-3
NCID BA83949362
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21326348
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
センス(意味)とセンセイション(感覚) エリカ・フィッシャー=リヒテ
テクストとミザンセーヌ 斎藤偕子
学問分野の推移 ジャネール・ライネルト
文化から越境文化へ ジョゼット・フェラール
演劇的イヴェントの拡大概念 ヴィルマー・サウター
演劇研究における実践の位置付けの転換 デイヴィッド・ウイットン
演劇研究の新しい状況 マーヴィン・カールソン
演劇論の変貌 毛利三彌
舞台を代替する クリストファ・バーム
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想