継体天皇と即位の謎

大橋信弥 著

継体天皇は応神天皇五世孫なのか、王統とはつながらない地方豪族であったのか。出自をめぐる問題、擁立勢力と即位の事情などを、今城塚古墳の発掘成果や息長氏との関わりを交えて解明。謎に包まれた実像を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 継体天皇の出現-日継知らす可き王無し
  • 2 継体天皇と近江・越前-三尾氏と三国氏をめぐって
  • 3 継体朝の成立と息長氏
  • 4 継体朝成立前夜の政治過程-和迩氏と息長氏の動向を中心に
  • 5 継体天皇のヤマト進出
  • 6 継体朝は新しい王朝か-研究の歩み

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 継体天皇と即位の謎
著作者等 大橋 信弥
書名ヨミ ケイタイ テンノウ ト ソクイ ノ ナゾ
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2007.12
ページ数 204p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-642-07983-9
NCID BA83934503
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21356968
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想