国際立憲主義の時代

最上敏樹 著

国際社会においても法の支配、立憲主義を確立することがカント以来の課題となっている。どのようにすればその実現に近づけるのか、歴史的・思想的に国際機構はいかなる意味を持ち、また日本国憲法の平和主義はどう関わることができるのか。リアルな現実認識をもちつつ理想を追求する著者の主要論考を精選した論文集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 国際立憲主義とは何か
  • 2 国連の"二〇〇年"
  • 3 正義と人道の法構造
  • 4 多国間主義と法の支配
  • 5 思想としての国際機構
  • 6 国際機構と民主主義
  • 7 国際機構と平和波動
  • 8 国連法体系の展望
  • 9 平和に対する権利
  • 10 日本国憲法・国連憲章・立憲主義

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国際立憲主義の時代
著作者等 最上 敏樹
書名ヨミ コクサイ リッケン シュギ ノ ジダイ
出版元 岩波書店
刊行年月 2007.11
ページ数 291p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-00-022876-3
NCID BA83923493
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21345059
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想