破産法の理論・実務と書式  事業者破産編

四宮章夫, 相澤光江, 綾克己 編

申立代理人、破産管財人・債権者の立場別に、法人・事業者破産の申立てから終結までの運用の流れや留意点を詳解し、円滑な事業清算と合理的な事業再生を導くための手続がわかる。東京・大阪の裁判所で活用されている最新299書式と記載例を掲載。全国どこでも即活用できる。新たに信託破産申立書等も追加。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 新破産法の制定
  • 第2部 申立ての実務
  • 第3部 破産管財の実務
  • 第4部 破産手続における債権者の実務
  • 第5部 特則・雑則・罰則

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 破産法の理論・実務と書式
著作者等 四宮 章夫
小松 陽一郎
相沢 光江
綾 克己
相澤 光江
書名ヨミ ハサンホウ ノ リロン ジツム ト ショシキ
巻冊次 事業者破産編
出版元 民事法研究会
刊行年月 2008.9
版表示 第2版.
ページ数 685p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-89628-483-6
NCID BA83920203
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21570033
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想