連帯と承認 : グローバル化と個人化のなかの福祉国家

武川正吾 著

給付と規制、連帯と承認-福祉国家はいかなる思想と方法をもって私たちの生活にかかわっているのか。福祉国家論の展開を丁寧に読み解きながら、新しい社会の姿を構想する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 福祉国家とは何か
  • 1 社会変動と福祉国家-グローバル化と福祉国家(福祉国家と福祉社会の協働
  • 福祉レジーム間のヘゲモニー競争
  • グローバル化と福祉国家
  • 個人化と福祉国家)
  • 2 福祉国家の比較研究-福祉資本主義の3つの世界(日本の福祉国家レジーム
  • 福祉オリエンタリズムの終焉-韓国福祉国家性格論争の教訓
  • 福祉レジーム論と東アジア世界
  • 福祉国家形成の国際環境
  • 市民権の構造転換)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 連帯と承認 : グローバル化と個人化のなかの福祉国家
著作者等 武川 正吾
書名ヨミ レンタイ ト ショウニン : グローバルカ ト コジンカ ノ ナカ ノ フクシ コッカ
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2007.11
ページ数 262p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-13-050169-9
NCID BA83916283
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21361122
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想