鎌倉幕府体制成立史の研究

三田武繁 著

内乱により荒廃した社会秩序を再建した、鎌倉幕府の権力編成原理とは。京都大番役の勤仕主体から主従関係の特質を探り、戦後処理を担当する地頭制度の問題を検討。中世社会が鎌倉幕府成立を必要とした理由を解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 一一八〇年代の内乱と鎌倉幕府体制の形成
  • 第1章 武士社会における主従関係の特質
  • 補論1 摂関家九条家の確立
  • 補論2 摂関家九条家における嫡流意識と家格の論理-九条忠教関係文書を素材に
  • 第2章 京都大番役と主従制の展開
  • 第3章 建久御家人交名ノート
  • 第4章 文治の守護・地頭問題の基礎的考察
  • 第5章 「七ヶ国地頭職」再考
  • 終章 鎌倉幕府地頭制度の成立と鎌倉幕府体制

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鎌倉幕府体制成立史の研究
著作者等 三田 武繁
書名ヨミ カマクラ バクフ タイセイ セイリツシ ノ ケンキュウ
書名別名 Kamakura bakufu taisei seiritsushi no kenkyu
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2007.12
ページ数 399, 11p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-642-02870-7
NCID BA83900942
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21345552
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想