哲学ディベート : 〈倫理〉を〈論理〉する

高橋昌一郎 著

命の授業から代理出産、死刑存廃から売春や安楽死の是非まで。現代の様々な倫理的問題について、背景に潜む「自由」「尊厳」「人権」などの哲学的問題にまで踏み込んで議論するうちに、今まで気づかなかった新たな発想が見えてくる。相手の論破を目的とする従来のディベートとは異なり、多様な意見を比較しつつ自説を打ち立てることを目指す、討論形式のユニークな哲学入門。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに "論理"と"倫理"
  • 序章 道徳-あなたはなぜ正直なのか
  • 第1章 文化-食べるとはどのようなことか
  • 第2章 人命-いかに産むべきか
  • 第3章 人権-どのように罰するべきか
  • 第4章 自由-何をしても許されるのか
  • 第5章 尊厳-いかに死すべきか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 哲学ディベート : 〈倫理〉を〈論理〉する
著作者等 高橋 昌一郎
書名ヨミ テツガク ディベート : リンリ オ ロンリスル
書名別名 Tetsugaku dibeto
シリーズ名 NHKブックス 1097
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2007.11
ページ数 302p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-14-091097-9
NCID BA83895886
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21348628
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想