エリゼ宮物語

山口昌子 著

フランスの歴史、政治、文化、あらゆるものが凝縮したエリゼ宮。ポンパドール、ナポレオン、ヴィニー、ドゴール、ミッテラン、シラク…、約300年間の歴代住人の素顔も探る産経新聞パリ支局長の渾身作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 エリゼ宮の誕生(家族も集う叙勲式
  • 興味深い拒否リスト ほか)
  • 2 各部屋に遺る歴史の面影-革命から帝政へ(雄鶏館の管理人
  • 隠し子事件 ほか)
  • 3 王政復古から共和制へ(ルイ18世の王政復古
  • ベリー公暗殺 ほか)
  • 4 共和制の確立-第三共和制から第五共和制(偶然と国家の大事
  • 生粋の軍人大統領 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 エリゼ宮物語
著作者等 山口 昌子
書名ヨミ エリゼキュウ モノガタリ
書名別名 L'histoire de l'Elysée
出版元 産経新聞 : 扶桑社
刊行年月 2007.11
ページ数 291p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-594-05510-3
NCID BA83878526
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21321387
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想