「言語技術」が日本のサッカーを変える

田嶋幸三 著

「そのプレーの意図は?」と訊かれたとき、監督の目を見て答えを探ろうとする日本人。一方、世界の強国では子どもでさえ自分の考えを明確に説明し、クリエイティブなプレーをしている。日本サッカーに足りないのは自己決定力であり、その基盤となる論理力と言語力なのだ。本書は、公認指導者ライセンスやエリート養成機関・JFAアカデミー福島のカリキュラムで始まった「ディベート」「言語技術」といった画期的トレーニングの理論とメソッドを紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 「言語技術」に挑戦するJFAアカデミー福島
  • 2章 実践!ことばを鍛えるトレーニング
  • 3章 論理でパスするドイツ・サッカー-なぜいま「言語技術」か(1)
  • 4章 世界との差は、判断力-なぜいま「言語技術」か(2)
  • 5章 監督のことばが、選手を伸ばす
  • 6章 論理プラス非論理-日本流サッカーの夢へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「言語技術」が日本のサッカーを変える
著作者等 田嶋 幸三
書名ヨミ ゲンゴ ギジュツ ガ ニホン ノ サッカー オ カエル
書名別名 Gengo gijutsu ga nihon no sakka o kaeru
シリーズ名 光文社新書
出版元 光文社
刊行年月 2007.11
ページ数 237p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-334-03426-9
NCID BA83875765
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21340715
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想