思わず使ってしまうおバカな日本語

深澤真紀 著

初対面なのに、「私って、コーヒー飲めない人じゃないですか」。料理番組で、「じゃがいもの皮をむいてあげてください」。仕事では、「○○社さんとは、いいお仕事をさせていただいてます」。普通に使っている言葉もあれば、人が使っているのを聞いて、ひっかかる物言いもあるでしょう。よく言われるように言葉は生き物であり、ある言い方、言葉が流行る裏側には、その時代、時代の「日本人のメンタリティ」が隠されています。言葉は世につれ、世は言葉につれ-。第一線の編集者、コラムニストとして、「日本語の最前線」に居続ける著者が、気になる日本語とそこに隠された時代の心理を読み解く、「日本語の精神分析」とも言える、画期的な論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 自分大好き語-「私って、コーヒー飲めない人じゃないですか」
  • 2 幼稚丁寧語-「じゃがいもを切ってあげてください」
  • 3 実感語-「この寿司、マジでヤバイかも!」
  • 4 過剰美化語-「女優さんのお仕事」「ぼくはお買い物します」
  • 5 代理店語-「○○社さんとは、よくお仕事させていただいています」
  • 6 家族大好き語-「はい、尊敬する人はお父さんです」
  • 7 ポジティブ・エンジョイ語-「前向きに楽しみたいと思います!」
  • 8 ありがとう&リスペクト語-「感動をありがとう」「まじですげえ」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 思わず使ってしまうおバカな日本語
著作者等 深沢 真紀
深澤 真紀
書名ヨミ オモワズ ツカッテシマウ オバカナ ニホンゴ
シリーズ名 祥伝社新書
出版元 祥伝社
刊行年月 2007.11
ページ数 191p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-396-11091-8
NCID BA83874310
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21316840
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想