ガヴァネス : ヴィクトリア時代の〈余った女〉たち

川本静子 著

19世紀英国に大量出現した未婚女性が、唯一の活路とした住み込みの家庭教師。その実像を歴史と文学の両面から探る。英文学、英国史の基本図書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 現実のガヴァネスたち(ガヴァネス普及の背景
  • ガヴァネスの口を求む
  • 何をどう教えたのか
  • 気の毒な先生
  • ガヴァネス問題への対策
  • 海外の王室付きガヴァネスの一例-アンナ・リーノウェンズの場合)
  • 第2部 小説の中のガヴァネスたち(レディ・ピカロ-クララ・モーダント(レディ・ブレッシントン『ガヴァネス』(一八三九))
  • 危険な女-ベッキー・シャープ(W・M・サッカレー『虚栄の市』(一八四七‐四八))
  • 反逆する女-ジェイン・エア(シャーロット・ブロンテ『ジェイン・エア』(一八四七))
  • 道徳的優位者-アグネス・グレイ(アン・ブロンテ『アグネス・グレイ』(一八四七))
  • 身をあやまった女-レディ・イザベル(ミセス・ヘンリー・ウッド『イースト・リン』(一八六一))
  • 外面は天使、内面は悪魔-ルーシー・グレアム(メアリー・エリザベス。ブラッドン『オードリー卿夫人の秘密』(一八六二))
  • 真実の女-ルーシー・モリス(アントニー・トロロウプ『ユーステス家のダイアモンド』(一八七三))
  • 幽霊を見たガヴァネス(ヘンリー・ジェイムズ『ねじのひねり』(一八九八))

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ガヴァネス : ヴィクトリア時代の〈余った女〉たち
著作者等 川本 静子
書名ヨミ ガヴァネス : ヴィクトリア ジダイ ノ アマッタ オンナタチ
出版元 みすず書房
刊行年月 2007.11
版表示 増補新版
ページ数 205p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-622-07335-2
NCID BA83870670
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21339688
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想