文学をめぐる理論と常識

アントワーヌ・コンパニョン 著 ; 中地義和, 吉川一義 訳

「理論」に「常識」が異議を申し立てるとき、文学作品を手にする者がとるべき道は何か。力を失ったように見える文学理論がもちうる意味とは何か-。テリー・イーグルトンの名著『文学とは何か』と双璧をなす、フランス文学研究の第一人者による概説書。ロラン・バルトの最後の弟子にして、現在フランスの文学研究で追随を許さぬ地位にある著者は、「文学」、「作者」、「世界」、「読者」、「文体」、「歴史」、「価値」という、あまりにも基本的な七つの概念をあえて軸に据え、文学をめぐる本質的な問いに挑み、「理論」の意義と限界を改めて測定する。古代ギリシア・ラテン以来の西洋文学の歴史を射程に入れた包括的な理論書であると同時に、文学理論をめぐる明快な見取り図を提示する第一級の概説書でもある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 われわれの恋愛から何が残ったか
  • 第1章 文学
  • 第2章 作者
  • 第3章 世界
  • 第4章 読者
  • 第5章 文体
  • 第6章 歴史
  • 第7章 価値
  • 結論 理論の冒険

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文学をめぐる理論と常識
著作者等 Compagnon, Antoine
中地 義和
吉川 一義
コンパニョン アントワーヌ
書名ヨミ ブンガク オ メグル リロン ト ジョウシキ
書名別名 Le demon de la theorie

Bungaku o meguru riron to joshiki
出版元 岩波書店
刊行年月 2007.11
ページ数 345, 7p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-00-024639-2
NCID BA83855291
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21344382
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想