ゴジラ・モスラ・原水爆

好井裕明 著

放射能熱線を吐き、街を破壊するゴジラ、ビルを破壊し、悠然と飛翔するモスラ、音速を超えて飛ぶラドン。週末の映画館、私は怪獣たちに魅了されていた。昭和という時代、優れた大衆文化として特撮映画があった。特撮映画はいったい私たちに何を与えてくれたのだろうか。本書は原水爆イメージを手がかりとして特撮怪獣映画を読み解く社会学の「モノ」語りである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 特撮怪獣映画の終焉に出会う-『ゴジラファイナルウォーズ』(二〇〇四年)
  • 2 反原水爆という鮮明なメッセージ-『ゴジラ』(一九五四年)
  • 3 リアルな恐怖としての原水爆イメージ-『美女と液体人間』(一九五八年)
  • 4 ファンタジー化する原水爆イメージ-『モスラ』(一九六一年)
  • 5 脱色されたリアルとしての原水爆イメージ-『フランケンシュタイン対地底怪獣バラゴン』(一九六五年)
  • 6 お茶の間に定着する軽妙な原水爆イメージ-『ウルトラQ』(一九六六年)
  • 7 特撮怪獣映画を読み解く意味とは?-『昭和歌謡大全集』(二〇〇四年)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゴジラ・モスラ・原水爆
著作者等 好井 裕明
書名ヨミ ゴジラ モスラ ゲンスイバク : トクサツ エイガ ノ シャカイガク
書名別名 特撮映画の社会学
出版元 せりか書房
刊行年月 2007.11
ページ数 233p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7967-0280-5
NCID BA83854404
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21338579
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想