森林の再発見

太田誠一 編

究極のリサイクルシステムとしての森林。これをどう活用するかが、現代文明の危機を救う鍵なのだ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 資源管理から見た森林の新たな価値
  • 第2章 森林生態系における土壌動物群集
  • 第3章 森林土壌を腐植から科学する
  • 第4章 水の循環における森林の役割
  • 第5章 良質の水の源としての森林
  • 第6章 森林の防災機能
  • 第7章 森林の多様性と動態を読み解く
  • 第8章 人間と野生動物との新たな関係
  • 第9章 京の原風景-文化に育まれた都市の野生
  • 第10章 バイオマスの新たな機能探求

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 森林の再発見
著作者等 太田 誠一
書名ヨミ シンリン ノ サイハッケン
書名別名 Shinrin no saihakken
シリーズ名 生物資源から考える21世紀の農学 第4巻
出版元 京都大学学術出版会
刊行年月 2007.11
ページ数 401p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-87698-339-1
NCID BA83851257
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21339269
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想