生態系ってなに? : 生きものたちの意外な連鎖

江崎保男 著

ありとあらゆる生物は、食い食われ、だましだまされ、協同し、密接に関わり合いながら生きている。食物連鎖というと直接的な捕食関係だけに目がいきがちだが、実際には、生物は多種との関係の中で生きており、「風が吹けば桶屋が儲かる」ように、一つ変化が起これば、影響は思わぬところに波及する。生きものたちの意外な連鎖や競争・協同の実態を具体的に紹介しながら、ドラマに満ちた生態系のしくみをやさしく解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • まえがき 生態系ってなに?
  • 第1章 人の生命を支える生態系
  • 第2章 生態系の物質とエネルギーの動き
  • 第3章 生態系を構成する生物たち
  • 第4章 生物間相互作用
  • 第5章 生態系は共生系

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生態系ってなに? : 生きものたちの意外な連鎖
著作者等 江崎 保男
書名ヨミ セイタイケイ ッテ ナニ : イキモノタチ ノ イガイナ レンサ
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2007.11
ページ数 199p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-101923-3
NCID BA83849142
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21355509
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想