照葉樹林文化とは何か : 東アジアの森が生み出した文明

佐々木高明 著

ヒマラヤから西日本に広がる照葉樹林帯。そこでは森によって育まれた共通の文化が生まれた。モチやナットウを食べ、カイコや漆を利用する。高床吊り壁の家に住み、山の中にあの世があると考える…。本書では、日本文化のルーツでもある照葉樹林文化の特徴を紹介するとともに、照葉樹林文化論の誕生とその展開を概説。さらに長江文明や稲作の起源との関連について最先端の研究者との座談会を付した、照葉樹林文化論の決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 照葉樹林文化とは-目で見る照葉樹林文化(照葉樹林帯とその生業
  • 照葉樹林帯の食文化
  • さまざまな文化の共通性)
  • 第2部 照葉樹林文化論の成立・展開と日本文化の形成(照葉樹林文化論の成立-その背後にあるもの
  • 照葉樹林文化論の展開
  • 照葉樹林文化と稲作文化
  • 日本文化の形成と照葉樹林文化)
  • 第3部 討論 照葉樹林文化と稲作文化をめぐって(照葉樹林文化論と稲作文化-問題提起に代えて
  • イネを生み出した前提条件はなにか
  • 栽培稲の誕生
  • 長江中流域か下流域か
  • 照葉樹林文化と稲作文化の位置付け
  • 長江文明の稲作の実態
  • 照葉樹林文化論の検証)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 照葉樹林文化とは何か : 東アジアの森が生み出した文明
著作者等 佐々木 高明
書名ヨミ ショウヨウ ジュリン ブンカ トワ ナニカ : ヒガシアジア ノ モリ ガ ウミダシタ ブンメイ
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2007.11
ページ数 322p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-101921-9
NCID BA83845924
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21355510
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想