日本料理の歴史

熊倉功夫 著

日本料理とは何か。平安貴族の宴会から庶民の食卓、精進料理、本膳料理、懐石、京料理、菓子と茶の湯まで、日本の料理文化をわかりやすく描く。二人の天才=北大路魯山人・湯木貞一にもふれ、日本食文化の原点を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本料理とは-プロローグ
  • 日本料理の誕生(平安貴族の大饗の宴
  • 庶民の食卓は一汁三菜
  • 精進料理とは何か)
  • 日本料理の成立(フォーマルな本膳料理
  • 庖丁自慢の男たち
  • 料理の革命-懐石の誕生)
  • 京料理の伝統と創造(料理屋の誕生
  • 京の名物
  • 菓子と茶の湯
  • 伝統と創造)
  • 変貌する日本料理-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本料理の歴史
著作者等 熊倉 功夫
書名ヨミ ニホン リョウリ ノ レキシ
書名別名 Nihon ryori no rekishi
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 245
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2007.12
ページ数 204p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05645-8
NCID BA83835396
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21338023
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想