レトリックのすすめ

野内良三 著

カレーの辛さを表現するのに、「口中はヨウコウロのごとくなり…」などと言えば、大げさなようでも辛さの感覚は効果的に伝わる。このように誇張や喩えを駆使して読み手の想像力を刺激するのがレトリックの力である。そのダイナミズムを究明すべく、清少納言から村上春樹まで、古今の名文を卓抜なセンスで俎上にのせ、そこに見られるレトリックの使われ方を解明。作者の脈動がいかに読者に共振して伝わるか、その不思議に迫る。日本語表現の奥深い豊かさを「発見する」レトリック読本。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 視点の定位(誇張する
  • 喩える
  • 対照する
  • ほのめかす
  • ぼかす)
  • 第2部 文体的処置(繰り返す
  • 追加する
  • 省略する
  • 移動する)
  • 第3部 読者への働きかけ(呼びかける
  • 驚かす
  • 引用する)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 レトリックのすすめ
著作者等 野内 良三
書名ヨミ レトリック ノ ススメ
書名別名 Retorikku no susume
出版元 大修館書店
刊行年月 2007.12
ページ数 222p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-469-21315-7
NCID BA83834371
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21338025
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想