東アジア社会における儒教の変容

土屋昌明 編

[目次]

  • 第1章 豚と天神-朝鮮半島の巫俗と儒教の習合をめぐる一考察
  • 第2章 「両班化」の諸相と儒教-イデオロギーの社会的上昇機能と限界
  • 第3章 東アジア三国における『剪燈新話』の存在様相
  • 第4章 身体感覚としての孝-二十四孝と宝巻にみる孝の実践形態
  • 第5章 「理性の国」と文化大革命-梁漱溟における儒教の変容

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東アジア社会における儒教の変容
著作者等 土屋 昌明
書名ヨミ ヒガシアジア シャカイ ニ オケル ジュキョウ ノ ヘンヨウ
書名別名 Higashiajia shakai ni okeru jukyo no hen'yo
シリーズ名 専修大学社会科学研究所社会科学研究叢書 10
出版元 専修大学出版局
刊行年月 2007.10
ページ数 270p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-88125-198-0
NCID BA83825971
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21357211
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想