リーヴィット : 宇宙を測る方法

ジョージ・ジョンソン 著 ; 渡辺伸 監修 ; 槙原凛 訳

はるか彼方の星までの距離を測る"物差し"という、宇宙の広大さを探る方法を発見したヘンリエッタ・リーヴィット。ハーヴァード大学天文台で星の写真乾板を整理しデータを記録する職員だった彼女は、その偉大な業績にもかかわらず、これまであまりに語られることがなかった。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 谷あいの村
  • 白い夜空、黒い星
  • 変光星を探して
  • ミス・リーヴィットの法則
  • 大きな三角
  • シャプレーと蟻
  • 天の川銀河の大きさ
  • 星雲の領域
  • ミステリアスK
  • アンテロープの群れのように
  • ゴースト・ストーリー
  • 遠い山の火

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 リーヴィット : 宇宙を測る方法
著作者等 Johnson, George
槙原 凛
渡辺 伸
ジョンソン ジョージ
書名ヨミ リーヴィット : ウチュウ オ ハカル ホウホウ
書名別名 Miss Leavitt's star
シリーズ名 Great discoveries
グレート・ディスカバリーズ
出版元 WAVE
刊行年月 2007.11
ページ数 190p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-87290-321-8
NCID BA83811911
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21332559
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想