数と量の出会い : 数学入門

志賀浩二 著

現代社会は数学の「果実」に満ち溢れている。情報洪水の中、確かな数学の眼を持ちたい-数学の誕生を、「数と量の出会い」の視点から説き起こし、分数と小数、0と負の数の導入、無限の海のなかの実数、時間の流れと関数概念の誕生まで、広い視野で描く。数もまた時代の産物、社会から急速に分数が消えていっているわけも解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 数の変遷
  • 2章 量と数
  • 3章 数の演算
  • 4章 無限のなかの実数
  • 5章 無限にたす-級数
  • 6章 変数と関数
  • 7章 関数への二つの見方

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 数と量の出会い : 数学入門
著作者等 志賀 浩二
書名ヨミ カズ ト リョウ ノ デアイ : スウガク ニュウモン
シリーズ名 大人のための数学 1巻
出版元 紀伊國屋書店
刊行年月 2007.11
ページ数 174p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-314-01040-5
NCID BA83808688
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21424249
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想