人口経済学

加藤久和 著

人口経済学は人口と経済との相互関係を探る学問です。人口減少社会に突入した日本では、これからの方策を考える上で注目されています。人口減少の経緯や、ミクロ・マクロへの影響など、最新の統計データを使いながらやさしく紹介します。人口経済学を考える上で大きなポイントになる女性労働と社会保障については、それぞれ章を設けて詳しく説明しました。日本の経済・社会政策を人口経済学の視点から読み解くなど、現実との結びつきについても触れています。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 人口経済学とは何か
  • 2 人口変動と経済社会の変化
  • 3 人口経済学の成立と展開
  • 4 労働市場と出生・結婚
  • 5 人口変動とマクロ経済
  • 6 人口減少・高齢化と社会保障制度
  • 7 人口減少時代の経済・社会政策

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人口経済学
著作者等 加藤 久和
書名ヨミ ジンコウ ケイザイガク
書名別名 Jinko keizaigaku
シリーズ名 日経文庫
出版元 日本経済新聞出版社
刊行年月 2007.11
ページ数 218p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-532-11160-1
NCID BA83793900
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21338200
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想