演出家の仕事

栗山民也 著

演出家は日々何を思い、どういうことをしているのか。そもそも演劇の力とは?第一人者によるスリリングな演出論。作品選びや劇作家たちとの対話、稽古場での実践、俳優養成の思想など。大勢の世界の演劇人との出会いも紹介。巻末に、井上ひさし氏の新作芝居が初日を迎えるまでを赤裸々に綴る「『ロマンス』演出日記」を収録。写真多数。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「聞く」力
  • 第2章 戯曲を読む
  • 第3章 稽古場から
  • 第4章 「時代と記憶」に向き合う
  • 第5章 世界の演劇人と出会う
  • 第6章 俳優とはなんだろう
  • 第7章 演出家になるまで

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 演出家の仕事
著作者等 栗山 民也
書名ヨミ エンシュツカ ノ シゴト
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2007.11
ページ数 221, 7p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431105-8
NCID BA83789186
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21340063
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想