古代・地中海世界を彩った人たち : 古典にみる人物像

柳沼重剛 著

古代ギリシア・ローマを中心とする地中海世界では、どんな人びとが活躍していたのか。アレクサンドロスやカエサルのような英雄豪傑、クレオパトラのような美女、ソクラテスのような賢者…。西洋古典文学に登場する多彩な人物を紹介し、古代の地中海世界とはどんな世界であったのかを講談調の語り口で生き生きと物語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ギリシア篇(ヘレネ-トロイア戦争のきっかけとなった絶世の美女
  • アキレウスとヘクトル-ギリシアとトロイアを代表する英雄
  • オデュッセウス-神の怒りで放浪の旅をつづけた知将
  • オイディプス-自己の強さゆえに身を滅ぼした英雄 ほか)
  • 第2部 ローマ篇(アエネアス、およびロムルスとレムス-ローマ建国の二つの伝説
  • ハンニバル-ポエニ戦役でローマを苦しめた将軍
  • カエサル-天才的な政治家にして軍人
  • キケロ-政治には不向きだった弁論の達人 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古代・地中海世界を彩った人たち : 古典にみる人物像
著作者等 柳沼 重剛
書名ヨミ コダイ チチュウカイ セカイ オ イロドッタ ヒトタチ : コテン ニ ミル ジンブツゾウ
シリーズ名 岩波現代文庫 学術
出版元 岩波書店
刊行年月 2007.11
ページ数 301p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-600187-2
NCID BA83773197
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21339742
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想