インカ帝国地誌

シエサ・デ・レオン [著] ; 増田義郎 訳

一兵士として現地に滞在したシエサが九年の歳月を費やして完成した「アンデス百科」ともいうべき大著『ペルー記』の第一部。コロンビアからチリに至る地域の自然、人文、特に民族誌を収録。旧インカ帝国の高度に洗練された文化を驚嘆しつつ記録している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • この著作の企画と区分が以下に述べられる
  • ここではインディアスの発見、およびその初期におこなわれたこと、および現在の状態について扱う
  • パナマ市とその建設について。他の地に先立ってこの市について述べられる理由
  • パナマ市からペルーに到着するまでの港、およびその相互間の距離、緯度について
  • 諸王の都「リマ」の外港カリャオまでの航海について
  • 諸王の都「リマ」からチリ地方までの港と川。それぞれの緯度、およびその地方の航海に関する事項
  • ウラバ湾にサン・セバスティアン市が建設されたいきさつ、および同地方の土着のインディオについて
  • サンタ・マルタやカルタヘナのインディオたちが多くのエスパニャ人を殺した猛毒の液の製法
  • ウラバ市に属するインディオたちのその他の習慣について
  • サン・セバスティアン市とアンティオーチャ市の間の道と、そこにある山、モンターニャ、川その他について。旅行に適当な時期について〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 インカ帝国地誌
著作者等 Cieza de Léon, Pedro de
増田 義郎
レオン シエサ・デ
書名ヨミ インカ テイコク チシ
書名別名 Parte primera dela Chronica del Peru
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 2007.11
ページ数 632p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-334882-6
NCID BA83768390
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21338788
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 スペイン語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想