社会学的想像力のために

伊奈正人, 中村好孝 著

「社会学的想像力」は多くの人を惹きつけるとともに、今やミルズの書物を離れ独自の問題領域をつくり出しつつある。本書はこの思考方法について再検討を加え、11個のピボット=考察の軸足となる論点から整理、社会学的想像力の、「ためにならない」解釈を質しその今日的意味を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 社会学的想像力のために(社会学的想像力のために
  • 社会学的想像力が約束するもの-異化と同化)
  • 第2部 『社会学的想像力』をめぐって(概念で考えることをめぐって
  • 調査方法を洗練することをめぐって
  • 科学の中立性をめぐって
  • 予測と制御をめぐって
  • 探求モデルとリアリズムをめぐって
  • 多様性の制御と増幅をめぐって
  • 歴史的特殊性をめぐって
  • 時代認識をめぐって-「第四の時代」と理性と自由の乖離)
  • 第3部 公衆論と歴史的特殊性の原理-政治について(公衆のための社会学
  • 知的職人性と歴史的特殊性の原理)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会学的想像力のために
著作者等 中村 好孝
伊奈 正人
書名ヨミ シャカイガクテキ ソウゾウリョク ノ タメニ : レキシテキ トクシュセイ ノ シテン カラ
書名別名 歴史的特殊性の視点から
出版元 世界思想社
刊行年月 2007.11
ページ数 330p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7907-1289-3
NCID BA83720496
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21349417
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想