忠臣蔵 : 赤穂事件・史実の肉声

野口武彦 著

元禄の末、江戸城内の刃傷!浅野内匠頭は切腹、お家は断絶。大石内蔵助以下、浪士の討入りは称揚され、芝居になり、やがて国民伝説にまでなった。しかし実際の彼らはけっして一枚岩ではなかった。内部対立がある。相互不信がある。脱落者の相次ぐ中、さらなる逡巡、古武士の意地、引くに引けぬ心情…。47人はどのような日々を経て討ち入りに至ったのか。当日、吉良邸で繰り広げられた壮絶な戦闘とは。幕府が動揺するなかで、死を前にした浪士が遺した言葉とは。厖大な史料の叢に分け入って、事件の真相と、生きて血の通った元禄武士の人間ドラマを掘り起こした、傑作歴史書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 元禄十四年三月十四日(赤穂事件と「忠臣蔵」
  • その前夜
  • 刃傷松の廊下
  • 内匠頭切腹)
  • 江戸と赤穂(元禄時代の江戸
  • 殿中刃傷事件の前史
  • 元禄経済小史
  • 赤穂と吉良
  • 米沢と広島)
  • 城明渡し-一家離散-潜伏(藩札始末一件
  • 城中百家争鳴
  • 赤穂無血開城
  • 江戸と山科
  • 山科会議
  • 円山会議
  • 江戸潜入)
  • 元禄十五年十二月十四日(吉良邸討入り
  • 泉岳寺引揚げ
  • 米沢上杉家江戸藩邸
  • 四大名家へのお預け)
  • 元禄十六年二月四日まで(諸藩邸での赤穂浪士
  • 討入りのデテール
  • 幕府上層部の苦慮
  • 四十六士切腹
  • 吉良左兵衛処分
  • 事件の波紋とその後)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 忠臣蔵 : 赤穂事件・史実の肉声
著作者等 野口 武彦
書名ヨミ チュウシングラ : アコウ ジケン シジツ ノ ニクセイ
シリーズ名 ちくま学芸文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2007.11
ページ数 253p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09109-3
NCID BA83720011
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21355343
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想