科学技術とリスクの社会学

小島剛 著

[目次]

  • 第1部 科学技術とそのリスクの社会学(リスク社会論の検討-個人化とシステムの限界
  • 公衆の科学理解に関する一考察-イギリスにおける医療・環境問題から
  • 科学技術社会学による応用公共圏論
  • 科学技術社会学による応用市民社会論-科学技術NGOのフィールドワークを交えて)
  • 第2部 和歌山県日置川殿山ダム水害訴訟の研究(訴訟の前史
  • 第1次訴訟第1審
  • 第1次訴訟控訴審
  • 和歌山県日置川殿山ダム水害第2次訴訟
  • 大東水害訴訟に見る水害訴訟における不条理の理由
  • 終章)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 科学技術とリスクの社会学
著作者等 小島 剛
書名ヨミ カガク ギジュツ ト リスク ノ シャカイガク
出版元 御茶の水書房
刊行年月 2007.10
ページ数 393p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-275-00544-1
NCID BA83719974
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21356742
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想