夜の時代に語るべきこと : ソウル発「深夜通信」

徐京植 著

「国家」の外部に存在せざるを得ない離散者の立場から、日本と韓国という二つの社会、二つの歴史、二つの文化を深く見つめ、批判的に思索する。この困難な夜の時代に、「国家」を超えて新しい普遍的な人間観を探りつづける珠玉のエッセイ集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 夜の時代に語る
  • 2 共生は可能か?
  • 3 母語と母国語
  • 4 故郷なき者のために
  • 5 時代の証言者たち
  • 6 ある在日朝鮮人の肖像

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 夜の時代に語るべきこと : ソウル発「深夜通信」
著作者等 徐 京植
書名ヨミ ヨル ノ ジダイ ニ カタルベキ コト : ソウル ハツ シンヤ ツウシン
書名別名 Yoru no jidai ni katarubeki koto
出版元 毎日新聞社
刊行年月 2007.10
ページ数 251p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-620-31840-0
NCID BA83704343
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21331533
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想