言語権の理論と実践

渋谷謙次郎, 小嶋勇 編著

言語権は、多言語社会における共通の課題であるが、日本社会もまた例外ではない。本書は、従来の言語権論の精緻な分析を通して、裁判・移住者・子ども・ろう者などの視点から、研究者と法曹実務家が新たな言語権論を展開する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 言語権の理論的諸問題(言語権はいかなる財か
  • 言語権
  • 言語権と集団的権利論
  • まとめにかえて)
  • 第2部 日本社会における言語権の実践(言語に関する権利と法制
  • 言語権に関する国際法
  • 刑事裁判実務と言語権の実践
  • 民事裁判実務と言語権の実践
  • 移住者と言語権の実践-特に子どもの言語的人権について
  • 二本手話ろ言語権の実践
  • 将来の展望-まとめに代えて)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 言語権の理論と実践
著作者等 小嶋 勇
渋谷 謙次郎
書名ヨミ ゲンゴケン ノ リロン ト ジッセン
出版元 三元社
刊行年月 2007.10
ページ数 215p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-88303-211-2
NCID BA83696981
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21426858
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想