トウェインとケイブルのアメリカ南部 : 近代化と解放民のゆくえ

杉山直人 著

19世紀後半のアメリカ南部社会は、当時の人気作家の目にどう映り、どう描き出され、どう解釈されたのか…ふたりの作品との距離を保ちつつ、同時に作品を通して時代状況を捉えようとする試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 解放民問題から新南部建設へ-「再建期」点描
  • 第1章 『ミシシッピ川の暮らし』(一八八三)-近代化されるものと、近代化されないもの
  • 第2章 『アーサー王宮廷におけるコネチカット・ヤンキー』(一八八九)-近代化の果てに待ち受けるもの
  • 第3章 北部人の見た南部-「南部紀行」(一八八二‐三)を読む
  • 第4章 ジョージ・ワシントン・ケイブルの旧さと新しさ-小説から政治論文へ
  • 第5章 『ハックルベリー・フィンの冒険』(一八八五)-フェルプス農場の「ごまかし」とジム
  • 第6章 『まぬけのウィルソンとあの異形の双子』(一八九四)-トウェインの時代認識と韜晦
  • 終章 世界に広がる「アメリカ南部」-近代化を見つめるマーク・トウェイン

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 トウェインとケイブルのアメリカ南部 : 近代化と解放民のゆくえ
著作者等 杉山 直人
書名ヨミ トウェイン ト ケイブル ノ アメリカ ナンブ : キンダイカ ト カイホウミン ノ ユクエ
シリーズ名 関西学院大学経済学部言語文化研究叢書 第2編
出版元 彩流社
刊行年月 2007.10
ページ数 270p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7791-1298-0
NCID BA83684381
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21319012
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想