中世の支配と民衆

阿部猛 編

編者の傘寿を祝して、表題のテーマのもと気鋭の執筆陣が一堂に会し、入魂の諸論文を連ねて、日本中世史の一側面を鮮やかにえぐり出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 開発神話・ノート
  • 「田楽・さるがう」の起源研究に関する一視点-研究史と物語史料の検討から
  • 「上寿」考
  • 『本朝書籍目録』について-奥書の検討と系統整理
  • 国司申請荘園整理の研究
  • 中先代の乱に関する基礎的考察
  • 称名寺領下河辺庄赤岩郷と「ちやうせう書状」
  • 「民衆の城」の社会史-紀伊国南部荘高田土居と職人集団
  • 周防国衙領の一形態
  • 義弘期大内氏の分国支配について
  • 室町期公家社会の一断面-九条政基詠五十首和歌と甘露寺親長
  • 近世宮座における輪番神主と専任神主-大和国大安寺村宮座記録から

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中世の支配と民衆
著作者等 阿部 猛
書名ヨミ チュウセイ ノ シハイ ト ミンシュウ
書名別名 Chusei no shihai to minshu
シリーズ名 同成社中世史選書 4
出版元 同成社
刊行年月 2007.10
ページ数 296p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-88621-408-9
NCID BA83668068
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21334093
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想