新聞記者 : 疋田桂一郎とその仕事

疋田桂一郎 著 ; 柴田鉄治, 外岡秀俊 編

「管理職にしては惜しいと考えられた大記者」疋田桂一郎。鋭い批評眼からの的確な洞察で知られる彼は、どのような記事を書き、どのようなコラムを残し、そして、新聞報道についてどのように考えたのか。洞爺丸台風(1954年)、伊勢湾台風(1959年)、三池争議(1960年)など、戦後史上の大事件についての報道記事。ソ連、韓国、ベトナム、アメリカなどを取材対象にしたルポ。さらには、当時の社会に大きな衝撃を与えた、東大生山岳遭難検証記事。疋田記者による、朝日新聞の、これらのさまざまな記事を収録し、当時の新聞報道の実際と息吹とを再現する。さらに、70年代に執筆を担当した「天声人語」からの選りすぐり44編を収めるとともに、新聞取材と報道の本質を徹底的に追究して、ジャーナリズムの世界に大きな影響を与えた「ある事件記事の間違い」を全文収録する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 一九五〇年代〜六〇年代-個人として、チームとして(空から見た遭難現場-洞爺丸台風
  • つのる"越冬断念"の不安-南極観測
  • "黒い津波"の跡を歩いて-伊勢湾台風 ほか)
  • 第2章 一九七〇年代-「天声人語」筆者として(1970年
  • 1971年
  • 1972年 ほか)
  • 第3章 一九七〇年代後半〜八〇年代-新聞のあり方を問う(ある事件記事の間違い
  • 一九八〇年度日本記者クラブ賞「わたしの言い分」受賞の言葉
  • 取材ということ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新聞記者 : 疋田桂一郎とその仕事
著作者等 外岡 秀俊
柴田 鉄治
疋田 桂一郎
書名ヨミ シンブン キシャ : ヒキタ ケイイチロウ ト ソノ シゴト
書名別名 Shinbun kisha
シリーズ名 朝日選書 833
出版元 朝日新聞社
刊行年月 2007.11
ページ数 293p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-02-259933-9
NCID BA8366670X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21334049
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想