白村江敗戦と上代特殊仮名遣い : 「日本」を生んだ白村江敗戦その言語学的証拠

藤井游惟 著

『記紀万葉』を書いたのは白村江敗戦による亡命百済人だった!「音声学」が明らかにする『記紀万葉』成立と「日本」建国の事情。日本語・朝鮮語・中国語の比較音声実験資料CD付き。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「日本」という国の始まり
  • 第2章 白村江敗戦がもたらした「文化大革命」
  • 第3章 「上代特殊仮名遣い」と「上代多母音説」
  • 第4章 上代オ段甲乙音書き分け法則
  • 第5章 「条件異音」の概念と日本語の母音
  • 第6章 上代オ段甲乙書き分け法則と現代日本語/O/母音の条件異音法則の一致
  • 第7章 朝鮮語からの分析
  • 第8章 朝鮮語・中国各地方言音が読んだ『万葉集』

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 白村江敗戦と上代特殊仮名遣い : 「日本」を生んだ白村江敗戦その言語学的証拠
著作者等 藤井 游惟
書名ヨミ ハクスキノエ ハイセン ト ジョウダイ トクシュ カナズカイ : ニホン オ ウンダ ハクスキノエ ハイセン ソノ ゲンゴガクテキ ショウコ
書名別名 Hakusukinoe haisen to jodai tokushu kanazukai
出版元 東京図書出版会 : リフレ出版
刊行年月 2007.10
ページ数 326p
大きさ 21cm
付随資料 CD1枚 (12cm)
ISBN 978-4-86223-147-5
NCID BA83645368
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21313200
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想