韓国語似ている動詞使い分けブック

河村光雅, 梁貞模, 盧載玉 著

文脈にあった正しい語彙を選択できずに、誤用文を作ってしまうことがあります。文の根幹をなす動詞は、その選択を間違えるとまったく意味の通じない文になってしまうほど重要。本書では日本語では同じことばになってしまうため使い分けが難しい韓国語動詞をとりあげ、意味の違いと使い分けのポイントをイラストと丁寧な解説で学びます。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • あう1(会う)
  • あう2(合う・遭う)
  • あがる(上がる)
  • あく(開く・空く)
  • あける(開ける)
  • あげる(上げる・挙げる・揚げる)
  • あたる(当たる)
  • あてる(当てる)
  • あびる(浴びる)
  • あらう(洗う)〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 韓国語似ている動詞使い分けブック
著作者等 梁 貞模
河村 光雅
盧 載玉
書名ヨミ カンコクゴ ニテイル ドウシ ツカイワケ ブック
出版元 ベレ
刊行年月 2007.8
ページ数 351p
大きさ 19cm
付随資料 CD1枚 (12cm)
ISBN 978-4-86064-164-1
NCID BA83643613
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21280393
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想