南総里見八犬伝名場面集

滝沢馬琴 著 ; 湯浅佳子 編

日本古典文学史上最大の長編小説が一冊に。本文・通釈・あらすじ・挿絵で98巻106冊を凝縮。馬琴が描いた勧善懲悪因果応報の世界。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 巻之一第一回
  • 義実龍を見る
  • 巻之二第四回「金碗との出会い」
  • 巻之三第六回「玉梓の処刑」
  • 巻之五第九回「八房、伏姫を請う」
  • 巻之五第十回「伏姫の富山入り」
  • 巻之一第十二回「伏姫の受胎」
  • 巻之二第十三回「伏姫の切腹」
  • 巻之三第十六回「手束、玉を得る」
  • 巻之四第十七回「信乃の成長」〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 南総里見八犬伝名場面集
著作者等 曲亭 馬琴
湯浅 佳子
書名ヨミ ナンソウ サトミ ハッケンデン メイバメンシュウ
シリーズ名 三弥井古典文庫
出版元 三弥井書店
刊行年月 2007.9
ページ数 256p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8382-7058-3
NCID BA83613893
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21359840
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想