ミステリと東京

川本三郎 著

久生十蘭、中井英夫、松本清張から、島田荘司、宮部みゆき、恩田陸まで、東京を舞台とした多彩な人気ミステリ小説を糸口に、巨大な犯罪都市・「東京」を鮮やかに読み解く-。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 島田荘司1『火刑都市』-幻の都、「東京」への郷愁を描く
  • 島田荘司2『化石の街』『ギリシャの犬』『踊る手なが猿』-図形化された都市
  • バリー・アイスラー『雨の牙』『雨の影』-東京散策者としての殺し屋
  • 宮部みゆき『理由』『東京下町殺人暮色』ほか-宮部みゆきと下町風景
  • 戸川昌子『猟人日記』-心は寂しき都市の猟人
  • 佐々木譲『新宿のありふれた夜』-新宿からの脱出 自由への遠い旅
  • 桐野夏生1『水の眠り 灰の夢』-「下町の悲しみ」と犯罪 「草加次郎事件」を追う
  • 桐野夏生2『OUT』『顔に降りかかる雨』『天使に見捨てられた夜』-西の新興住宅地と歌舞伎町
  • 広瀬正『マイナス・ゼロ』-タイムマシンに乗って昭和七年の東京へ
  • 大沢在昌『新宿鮫』シリーズ、『野獣駆けろ』『雪蛍』-歌舞伎町の奥へ、六本木の夜へ〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ミステリと東京
著作者等 川本 三郎
書名ヨミ ミステリ ト トウキョウ
書名別名 Mystery novels and Tokyo

Misuteri to tokyo
出版元 平凡社
刊行年月 2007.11
ページ数 495p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-582-83377-5
NCID BA83611978
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21371016
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想