会計史への道 : 一つの覚書

平林喜博 著

[目次]

  • 1部 会計史の研究覚書(会計史の意義
  • 会計史研究の歩み
  • 会計(学)と歴史-私のかかわりについて)
  • 2部 久保田原価学説覚書-会計学説史への道(久保田原価学説の検討-原価理論との関連において
  • Kalkulationと久保田原価学説
  • 資本利子問題と久保田原価学説)
  • 3部 書評にみる会計史の研究覚書(山下正喜著『日本とアメリカの原価計算-明治末期』
  • 阪口要著『部分原価計算論序説』
  • 深山明著『西ドイツ固定費理論』
  • 桜井通晴他著『ソフトウェア原価計算』
  • 柳田一著『ドイツ管理会計論』
  • 西村慶一著『現代経営費用論』
  • 片岡泰彦著『ドイツ簿記史論』
  • 友岡賛著『近代会計制度の成立』
  • 足立浩著『アメリカ管理原価会計史-管理会計の潜在的展開過程』
  • 尾畑裕著『ドイツ原価理論学説史』
  • 深山明著『ドイツ固定費理論』
  • 建部宏明著『日本原価計算理論形成史研究』
  • 柳田仁著『国際経営会計論-ドイツならびにアメリカ・日本の比較研究』
  • 豊島義一著『長崎造船所原価計算生成史』)
  • 4部 補遺(平林喜博先生インタビュー)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 会計史への道 : 一つの覚書
著作者等 平林 喜博
書名ヨミ カイケイシ エノ ミチ : ヒトツ ノ オボエガキ
書名別名 Kaikeishi eno michi
出版元 関西学院大学出版会
刊行年月 2007.10
ページ数 313p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-86283-020-3
NCID BA83603812
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21316994
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想