監査難民

種村大基 著

2007年7月、日本監査界の巨人が姿を消した。みすず監査法人-かつて中央青山監査法人として、四大監査法人の一角を占めてきた名門である。カネボウ粉飾決算事件で所属会計士が逮捕され、監査への「疑いの眼」を生じさせた"張本人"が自主解散へと追い込まれる過程には、外資の策略、獅子身中の虫による内乱、金融庁との壮絶な攻防など、凄まじい闘いが存在した。名門監査法人はなぜ、自ら組織を解体せざるを得なかったのか。その死が開いた"パンドラの箱"には何が入っているのか。JALに代表される、"厳しい監査"は今後、企業にどのような影響を与えていくのか-。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 覚醒
  • 第1章 予兆
  • 第2章 強制捜査
  • 第3章 分裂
  • 第4章 vs.金融庁
  • 第5章 辞任
  • 第6章 包囲網
  • 第7章 分岐点
  • 第8章 解体
  • エピローグ 遺訓

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 監査難民
著作者等 種村 大基
書名ヨミ カンサ ナンミン
書名別名 Kansa nanmin
シリーズ名 講談社biz
出版元 講談社
刊行年月 2007.9
ページ数 271p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-06-282066-0
NCID BA83601238
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21473754
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想