水・環境・アジア : グローバル化時代の公共性へ

西原和久 編

グローバルに広がる環境問題の解決に向けて、水俣・琵琶湖・メコン川での取り組みから、これからの公共的・実践的アプローチを提案。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 アジアと中国・環境問題の争点-メコン川セミナーから学んだもの(開発と環境をめぐる四つの問題
  • メコン川セミナーの経験 ほか)
  • 第2章 近い水・遠い水-琵琶湖の事例から考える水環境の自治(水と人の関わり
  • 「近い水」の世界 ほか)
  • 第3章 水俣の経験と専門家の役割-公害と環境における公共性を問う(公害事件と上からの公共性
  • 放置された被害者たちの運動 ほか)
  • 第4章 河川と公共性-河川はだれのものか(自然の所有をめぐって
  • 環境と公共性 ほか)
  • 第5章 環境・公共性・東アジア-人間・社会環境学の実践的課題(環境・社会・生活への問い
  • 「リージョナル」な問い ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 水・環境・アジア : グローバル化時代の公共性へ
著作者等 西原 和久
嘉田 由紀子
宇井 純
羅 紅光
名古屋大学大学院環境学研究科社会学講座
書名ヨミ ミズ カンキョウ アジア : グローバルカ ジダイ ノ コウキョウセイ エ
書名別名 Mizu kankyo ajia
出版元 新泉社
刊行年月 2007.10
ページ数 189p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7877-0705-5
NCID BA83593479
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21308793
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想