反骨のコツ

團藤重光 著 ; 伊東乾 編著

東大法学部長、最高裁判事を歴任し、93歳になった日本刑法の父は、反骨精神の塊だった。天皇機関説事件、二・二六事件を見届け、刑事訴訟法起草でGHQと渡り合い、最高裁判事として書いた少数意見は数知れず。憲法改正、死刑廃止論、裁判員制度批判から、昭和天皇のことども、三島由紀夫との交流まで。法学界の最重鎮が、52歳下の東大准教授と縦横に語る、ニッポンを元気にする反骨のススメ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 反骨から見る日本国憲法
  • 第2章 死刑廃止は理の当然
  • 第3章 決定論をはね返せ
  • 第4章 裁判員制度は根無し草
  • 第5章 憲法九条と刑法九条
  • 第6章 お悩み解決は團藤説で
  • 第7章 革命のコツ・團藤陽明学
  • 第8章 若者よ、正義の骨法を掴め!

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 反骨のコツ
著作者等 伊東 乾
団藤 重光
團藤 重光
書名ヨミ ハンコツ ノ コツ
シリーズ名 朝日新書
出版元 朝日新聞社
刊行年月 2007.10
ページ数 279p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-02-273169-2
NCID BA83588424
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21310660
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想