規制改革の経済分析 : 電力自由化のケース・スタディ

八田達夫, 田中誠 編著

安定供給に不安はないのか?送電料金改革の効果は?電力制度改革の成果とこれからの改革がもたらしうる潜在的成果を、数量分析とシミュレーションで定量的に評価。制度設計の問題解決に必要な具体的提言を行う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 電力自由化はいかなる効果をもったか-1990年代から現在までの定量的政策評価
  • 第2章 送電料金改革の効果分析-パンケーキ方式から郵便切手方式へ
  • 第3章 電力市場における市場支配力のシミュレーション分析
  • 第4章 小売市場の制度設計-需要家への直接的な価格シグナル提供のメカニズム
  • 第5章 混雑料金のもとでの送電投資
  • 第6章 現状の送電網はいかに形成されてきたか-発電所と送電網の空間経済分析
  • 終章 安定供給のための電力制度改革

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 規制改革の経済分析 : 電力自由化のケース・スタディ
著作者等 八田 達夫
田中 誠
書名ヨミ キセイ カイカク ノ ケイザイ ブンセキ : デンリョク ジユウカ ノ ケース スタディ
書名別名 Kisei kaikaku no keizai bunseki
出版元 日本経済新聞出版社
刊行年月 2007.10
ページ数 238p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-532-13339-9
NCID BA83579478
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21324442
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想