和本入門  続

橋口侯之介 著

江戸期の書物事情を"つくる""売る""読む"の視点から探索する。『和本入門千年生きる書物の世界』に続く和本専門古書店主による書物考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 和本はめぐる-復元、江戸の古本屋
  • 第2章 本を「つくる」心情-私家版の世界から
  • 第3章 本ができるまで-原価の秘密にせまる
  • 第4章 本屋は仲間で売る-本を広めた原動力
  • 第5章 写本も売り物だった-手書きでも大きな影響力
  • 第6章 書物は読者が育てる-本を読むことの意味
  • 第7章 統計でみる江戸時代の和本-書物はどう広がったのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 和本入門
著作者等 橋口 侯之介
書名ヨミ ワホン ニュウモン
書名別名 江戸の本屋と本づくり
巻冊次
出版元 平凡社
刊行年月 2007.10
ページ数 269p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-582-83376-8
NCID BA83576946
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21367971
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想