野口悠紀雄の「超」経済脳で考える

野口悠紀雄 著

経済学的な考え方を使いこなせば問題解決の道筋が見えてくる。「人々が信じて疑わない『通説』で常識になっている考えが、実は間違い」というものが、いまの日本には非常に多い。それが政策を歪めている場合も多い。本書では「経済学的なものの考え方」を通じてそうしたものを一つずつ粉砕して、分かりやすく示した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 経済学を学ぶことの意味
  • 第2章 経済学はどんな役に立つか?
  • 第3章 「価格」が分かれば経済が分かる
  • 第4章 企業という存在を考え直す
  • 第5章 金融のプロになれば金持ちになれるか?
  • 第6章 外国との取引はどんな利益をもたらすか
  • 第7章 財政についてどう考えるべきか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 野口悠紀雄の「超」経済脳で考える
著作者等 野口 悠紀雄
書名ヨミ ノグチ ユキオ ノ チョウ ケイザイノウ デ カンガエル
書名別名 Noguchi yukio no cho keizaino de kangaeru
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 2007.11
ページ数 290p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-492-39488-5
NCID BA83570429
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21327912
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想