人間とは何か : 過去・現在・未来の省察

カール・フォン・ヴァイツゼッカー 著 ; 小杉尅次, 新垣誠正 共訳

著者の学問と思想と人間全体をパノラマ風に概観する上で格好な入門書。同時に、ヨーロッパ人による近代ヨーロッパ批判、非欧米世界に対する著者の深い関心と尊敬心が随所に見られるなど、まさに"国境を超えた"現代学問論が展開されている著作でもある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 人間は何者なのか
  • 第2章 自然の歴史
  • 第3章 人間はどこから来たのか
  • 第4章 時間・物理学・近代形而上学
  • 第5章 現代学問論
  • 第6章 哲学の素描
  • 第7章 宗教の道程
  • 終章 人間はどこへ行くのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人間とは何か : 過去・現在・未来の省察
著作者等 Weizsäcker, Carl Friedrich
Weizsäcker, Carl Friedrich, Freiherr von
小杉 尅次
新垣 誠正
Weizs¨acker Carl Friedrich von
ヴァイツゼッカー カール・フォン
書名ヨミ ニンゲン トワ ナニカ : カコ ゲンザイ ミライ ノ ショウサツ
書名別名 Der Mensch in seiner Geschichte

Ningen towa nanika
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2007.10
ページ数 485p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-623-04988-2
NCID BA8357019X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21314913
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想