社会を展望するゲーム理論 : 若き研究者へのメッセージ

鈴木光男 著

長い間、ゲーム理論に携わってきた著者が、ゲーム理論の課題について、また「ふるさとの崩壊」をはじめとする高度成長期から現在までの社会的計画のあり方について、必ずしもゲーム理論を専門としない多くの分野の人々に、希望を込めておくる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ゲーム理論の役割とその課題(社会展望としてのゲーム
  • ゲーム理論成立前夜
  • 社会科学の法則
  • ゲーム理論の役割
  • 交渉の論理と倫理
  • 重層的社会ゲームのシナリオ)
  • 第2部 計画の倫理-旧著『計画の倫理』その他からの再録にあたって(ふるさとの崩壊
  • 死者のない町
  • 死者のない町にての断想
  • 民主的計画を求めて
  • 目的性の倫理
  • 責任性の倫理
  • コンフリクトと協力)
  • 第3部 ゲーム理論への期待-過ぎし日の展望(日本における初期の紹介
  • ゲーム理論との出会い
  • ノーベル経済学賞受賞によせて
  • ゲーム理論の教育と課題)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会を展望するゲーム理論 : 若き研究者へのメッセージ
著作者等 鈴木 光男
書名ヨミ シャカイ オ テンボウスル ゲーム リロン : ワカキ ケンキュウシャ エノ メッセージ
出版元 勁草書房
刊行年月 2007.10
ページ数 306, 16p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-326-55057-9
NCID BA83558682
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21327915
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想