江戸の媚薬術

渡辺信一郎 著

江戸の庶民は、性をたのしむ秘薬・惚れ薬の分野でも世界の最先端にあった!「提灯で餠をつく」状態になってしまった男の一物を復活させる特効薬を始め、腎虚にならないための強精剤、女性に効果絶大の「女悦丸」、硬直・萎縮自在の「長命丸」、太く長くなる勃起薬「帆柱丸」など、当時の男女が買い求めた閨房薬の数々を豊富な図版と古川柳を交えて紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 提灯で餠を搗く
  • そのための補助具「助け船」
  • 顎で蝿を追う「腎虚」
  • 裸で女を追う「火動の症」
  • 死んでも萎えぬのも「腎虚」
  • 美しい毒が煎じる腎虚治療薬
  • 補腎薬として
  • 女もほめる地黄丸
  • 隠し味の「喜契紙」
  • 男に効果がある「たけり丸」
  • 性感増大としての「蝋丸」
  • 女に効果絶大の「女悦丸」
  • 女が乱れる「寝乱髪」
  • 今宵も女が堪能する「床の海」
  • 硬直・萎縮自在の「長命丸」
  • 世界に冠たる勃起薬「帆柱丸」
  • 知られざる媚薬の数々

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江戸の媚薬術
著作者等 渡辺 信一郎
書名ヨミ エド ノ ビヤクジュツ
シリーズ名 新潮選書
出版元 新潮社
刊行年月 2007.10
ページ数 206p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-10-603592-0
NCID BA83546140
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21323160
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想